ごあいさつ

当社は行幸堂の技術を継承する会社として創業以来、美術ブリキ印刷缶を専門に製造実績を重ねてまいりました。


会社概要

社  名古茂田製罐株式会社
住  所東京都台東区駒形1-6-6
創  業昭和 4年(1929年)12月
設  立昭和32年(1957年) 9月
資 本 金1200万円
決 算 期8月決算
代表者代表取締役 古茂田 隆文 (Komoda Takabumi)
取引銀行みずほ銀行 浅草橋支店
朝日信用金庫 本店
城北信用金庫 上野支店

沿 革

昭和 4年12月
(1929年)
古茂田純之輔(初代社長)が両国 木村行幸堂ののれんを引き継ぎ、行幸堂錻力製罐所として台東区台東(旧 下谷区二長町)で創業
昭和15年 5月
(1940年)
個人経営から株式会社へ
行幸堂 古茂田製鑵株式会社に組織変更
昭和18年~20年
(1943~1945年)
戦時下、軍の監督工場の指定を受け、大東航空無線電気(株)と改称して航空機部品を製造
終戦後、製缶業を再開
昭和32年 9月
(1957年)
代表取締役社長に古茂田利行就任、従来の事業の刷新を図り新しく古茂田製罐株式会社を設立
昭和38年 1月
(1963年)
機械設備の近代化を図り、埼玉県草加市苗塚町に新工場を建設(本社工場を移転)
昭和47年 2月
(1972年)
本社ビル完成(台東区台東)
昭和61年 9月
(1986年)
草加工場の拡張を図り生産能力を増強
平成 5年12月
(1993年)
同工場の工場棟改築により機械ラインを強化、並びに旧倉庫を建て替え、在庫製品の品質保全機能をグレードアップ
平成17年 8月
(2005年)
古茂田隆文 代表取締役社長に就任
平成18年 1月
(2006年)
自動ラインを強化、生産能力を増強
平成25年 8月
(2013年)
製造、販売終了
平成28年 9月
(2016年)
事業所移転(台東区駒形)